ゴルフスイング

ゴルフスイングを考える前に

ゴルフ初心者の方、もっとうまくなりたい方はゴルフスイングを研究されていると思います。
僕も試行錯誤しながら研究をしていましたが、ゴルフスイングを考える前に、体の使い方にどんなクセがあるかを知ることが大切です。

体の使い方のクセは、これまでのスポーツ経験によるところは大きいです。

例えば、野球やテニスはゴルフと同じくスイングしてボールを打つので動作は似ていますが、
ボールを打つときの体に対するボールの位置や手の位置が違います。

ゴルフで野球やテニスのスイングで打つと、まっすぐ飛ばないです。
ただ、振り慣れしているのと体幹の使い方は知っているので、クセを修正できると一気にうまくなります。
職場のゴルフコンペに参加したとき、ドラコンをとるのはほとんど野球経験者でした。

他のスポーツでは必要だった動きが、ゴルフではマイナスになることもあります。

まずは、自分のスポーツ経歴を振り返りながら、自分がどんな体のクセを持っているかを把握するところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

ゴルフスイングのコツ

ゴルフスイングのコツは、「力まないこと」「よくばらないこと」です。
上級者になると自然とできていると思いますが、初心者ではどうしても力んでしまうところがあります。
遠くに飛ばしたいというよくばる気持ちや、飛ばそうと力んでしまうことはよくあります。

ボクシングのストレートをイメージしてもらえるとわかりやすいです。
パンチをしようと腕を伸ばそうとしているときはリラックスしていて、 インパクトの瞬間にこぶしに力を入れることでうまく力が伝達します。

100%の力で打とうとするよりも、80%の力で打つ方がボールが飛びます。
ゴルフクラブのような金属の棒状というよりも、ムチのようにしなるものでボールをはじくことをイメージしてスイングしてみると、思っていた以上にボールが飛びます。

意識することはカンタンなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

はじめまして、管理人のミケルです。
学生のときにゴルフ漫画「ひかりの空」「風の台地」にハマっていて、社会人と同時にゴルフを始めました。
スコアは目指せ100切りで、月に1回ペースでコースを回っています。
グリーン周りのアプローチが最近うまくなってきました。
左利きなので、ミケルソンと同じ左打ちです。




ページトップへ